Monthly Mansion

被災者に対応したマンスリーマンション

赤い椅子

マンスリーマンションの利便な所は、震災などの影響で緊急的に自宅に住めなくなった時に住まいを確保できる事です。熊本で起きた大きな地震の影響で、自宅に住む事が危険である時に隣の県の物件に住んで、復旧の見通しが立つまで安心しながら生活が送れます。熊本では空き部屋でも倒壊したり、住む事が危険な物件が多かったり、仮設住宅を建てるまでに時間が掛かっています。隣の県にある物件に一時的に住む事で、復旧するまで隣の県で仕事に従事しながらマンスリーマンションで生活する事が健全な生活に繋がります。
熊本の周辺の不動産屋などでは、被災者の受け入れに積極的になっています。基本的に料金は提示している額を請求されやすいが、不動産屋によって負担の軽減の事を考えて安めに利用料を設定している不動産屋も見かけます。車内や避難所で長期的に生活する場合はストレスが溜まるなどの影響で、安心した仮住まいを寛大に提供している不動産屋を利用する事が大切です。最近は近隣の県で被災者に対して無料で貸し出す所が増えていて、無料で貸し出すホストの募集を開始しています。マンスリーマンションでも被災者の為に低価で貸し出す傾向で、全面的な住まいのバックアップに努めている傾向です。