Monthly Mansion

東京での就職活動時にマンスリーマンションを利用

ソファの上で眠る猫

マンスリーマンションの魅力は、私は「自炊が出来る」ということに尽きますね。私は昨年、大学卒業年だったので就職活動をしていました。しかし地方出身のため、東京都心などへ出るには結構骨を折っていたんですよね。当初は電車で何時間もかけて通っていたのですが、東京での就職活動が本番を迎えると会社説明会や面接などが重なるようになってくるわけです。もちろん書類も書かなければいけなくなり、何時間もかけて家から通うのが辛くなってきたんですよね。
そこで私は親にお願いをして、マンスリーマンションを借りることにしました。東京都市部のマンスリーマンションだったのでアクセスが良く、ここを拠点にすればもっと会社訪問が出来ると考えたためです。また私がビジネスホテルではなくマンスリーマンションを選択した理由は、自炊が出来るからです。就職活動は結構長丁場になりますので、体調管理は非常に重要な要素となります。しかし外食中心になれば、栄養が偏って体調を崩してしまうかもしれません。本命企業の最終面接を風邪で受けるとなれば、印象は最悪ですし、そもそも力を発揮することも出来ませんからね。それを防ぐためにも、マンスリーマンションで自炊をしながら活動することが大切かなと思ったのです。
そしてそれが奏功したか、無事に目当ての企業に合格することが出来ました。現在はその企業に新入社員として入社し、マンスリーマンションを借りていた土地の近くでアパートを借りて一人暮らしをしていますよ。

マンスリーマンションの特徴や設備

マンスリーマンションというのは、名前の通り一か月単位で借りるマンションのことですが、意外にも期間は長期間の申し込みでも大丈夫なお店もたくさんあり、長期間借りるほど安くなる傾向があります。
ですがやはり短期的な住居が必要となる人にとって嬉しいのは、何と言っても備え付けの設備が揃っているという点でしょう。最低限であってもテレビ・冷蔵庫・洗濯機・ベッドは確実にあるので、その点はお金が掛かる部分なので短期の出稼ぎや出張の場合にはとても助かることになります。またオプションとしては台所用品やインターネット環境や、タオルやティッシュや洗剤などの消耗品も用意してくれるサービスをしているところもあり、とても便利になっています。その分家賃はやや高めとなっていますが、特徴としては敷金や礼金が必要ないお店も多いので、その辺を計算すると正式に借りる場合よりも安くすることができます。
また最近のマンスリーマンションの場合だとペットと住むことが可能となっているところもあるので、ネット上で検索をしてみるといいでしょう。このようにマンスリーマンションは短期的な住居が必要な時も、あるいは次に住む住居を探す際の一時的な賃貸としても便利となっています。

気軽に利用できるマンスリーマンションです

マンスリーマンションは基本的に生活に必要なものが揃っています。ベッドや冷蔵庫、電子レンジ、洗濯機、オーブントースター、掃除機など、全部揃っているので、すぐに生活を始めることができるのです。それに、マンスリーマンションによっては、礼金や敷金が必要ないところもあって、経済的であることも魅力の一つです。短期間の利用から長期の利用まで自由に選べるところもすごく便利です。
とにかく、引っ越しをするときにベッドや冷蔵庫、洗濯機などを持っていかなくてもいいところが魅力的なのです。家具付きのマンションが借りれるのはとても嬉しいことです。
マンスリーマンションと言うと、1ヶ月単位でしか借りれないようなイメージがありますが、実は1週間からでも借りられるところが多いのです。1週間から1年以内の自由な期間を借りることができるのです。引っ越しが多い仕事の人にとっては、無駄な家具を持たなくて済むのでとっても便利です。ホテルのように「何泊」というような数え方はせず、利用する日数を契約することになっています。病院の入院と同じで、一泊の場合、利用期間は2日になります。
ウィークリーマンションもマンスリーマンションも基本的には同じものです。